MENU

カードローンの注意点

カードローンは便利なだけでなく、簡単に手続きができてしまいます。担保や保証人も必要なく、自分の免許証1つあれば申込み可能です。即日審査、即日融資対応のカードローンなら、思い立ったその日の内に借入れができます。

 

手軽に利用できるとはいえ、いくつかの注意点があります。カードローンを利用する際には、知っておくべき注意点がいくつかあります。

 

 

信用情報の取り扱い

カードローンの利用の履歴は、信用情報として記録が残ります。信用情報とはカードローンや分割支払い、クレジット契約などの利用履歴です。

 

カードローンなら、いついくら借入れして、いつ完済して、今いくら残債が残っているのかといった情報が記録されています。それだけではなく、返済に遅れがあった場合、それも遅延情報として記録されています。

 

多額の借入れをしている場合や、遅延情報があった場合には、他のクレジット契約などの審査に影響を与える場合があります。

 

審査に通らなければ借りられない

カードローンは手軽に申込みができるのが利点の1つですが、誰でも借りられるわけではありません。その人に返済能力があるかどうかを調べるために、必ず審査が行われます。審査に通らなければカードローンの契約はできません。

 

審査ではその人の年収や勤続年数、信用情報、家族構成、住まいなど、様々な項目から返済能力を診断されます。また、A社では審査に通ったけどB社では通ったというケースもあり、選ぶカードローンによって審査結果が変わる可能性もあります。一般的に審査は、金利が低い程厳しい傾向にあります。

 

借り過ぎに注意

カードローンは一度申込みが済めば、カードを使って簡単に借入れができるようになります。2回目からは申込みや審査不要なので、口座から自分のお金を引出すような感覚で借入れができるようになります。

 

いつでも簡単に借入れができるので便利ではありますが、まるで自分のお金のように錯覚してしまい、無計画に借り過ぎてしまう可能性があります。簡単に借入れができるとはいっても、カードローンで借入れしたお金は借金です。無計画に借入れを繰り返すと、どんどんと借金は増えてしまいます。

 

ただし、過度な借入れができないように、カードローンには限度額が設定されています。また、総量規制によって年収の1/3を超える金額の借入れができないなど、法律によって借り過ぎないような工夫はされています。それでも借り過ぎないように注意が必要なのには変わりありません。

 

返済はできているとしても多くの借り入れを抱えてしまっているような状況の方は、借り入れの一本化を考えてみるのもカードローン利用の一つの方法です。一本化はおまとめローンなどと呼ばれていますので、調べると多くの情報が見付けられます。

 

低金利でおまとめローンの利用をしたいと考える方は、銀行で借りられるおまとめローンの金利での比較をしっかりと行っておくと良いでしょう。

 

便利に使えるカードローン

一昔前までは消費者金融のカードローンはイメージが悪く、怖いといった印象を持たれる方も多くいました。しかし時代はかわり、今では消費者金融の利用者の中の女性が占める割合も増えてきているといわれています。

 

それほどまでに安心して利用できるようになっているのが今の消費者金融ですので、お金に困ったときのカードローンの利用先に消費者金融を選択肢に挙げることは、決して間違っているとは言えません。

 

消費者金融なら申し込み当日に早い審査でお金が借りられる場合もあり、急に現金が必要な状況では頼れるのが事実です。すぐに借りたいときこそ消費者金融のカードローンキャッシングが生きてくるので、返済計画をしっかりと立てるのは基本とし、消費者金融の利用も考えてみましょう。

 

消費者金融にも大小さまざまありますが、やはり借りるなら大手が良いです。プロミスなどの名の知れた消費者金融なら安心して借りられますので、どうしてもすぐに現金が必要になってしまったといった状況であれば、早い審査となるプロミス即日融資を検討すべきです。

サイトマップ