MENU

事細かに残る信用情報

カードローンを利用すると、カード会社はその人の名前や生年月日などの個人情報を、信用情報機関というところへ情報提供します。カードローンを申込んだという情報や、どのタイミングでいくら借入れして、現在いくら残債が残っているのか、過去に返済の遅延があったかどうかなども全て情報提供されています。この情報履歴が信用情報です。

 

カードローンを取扱いしている金融機関は、必ず信用情報機関に加盟していて、情報の提供が義務付けられています。その代り、カードローンの申込みがあった際には、信用情報機関にある信用情報を閲覧できるので、その人の過去や現在の取り引きの履歴から、返済能力を判断できるようになります。

 

カードローンを利用する時には、自分の信用情報が記録されている点には注意しましょう。今後住宅ローンやマイカーローンを組む時にも、自分の信用情報が審査に影響を与える可能性があります。

 

特に気を付けなければいけないのは未納や返済の遅延です。カードローンでも、その他のローンや分割支払いなどでも、支払いの遅れなどがあると信用情報に傷がつきます。そうなると、今後の生活でローン関連の契約が困難になってしまいます。

 

カードローンを利用する時には、無理のない返済計画を立てて、支払い遅れがないように気を付けましょう。

 

返済に余裕を持たせるためには金利負担を減らす必要があります。低い金利で借りられるイオン銀行ローンなら毎月の返済も軽く進められます。

サイトマップ