MENU

借りすぎないためには

カードローンは何度でも簡単に借入れができるので、1枚持っておくと安心です。しかし安心できるはずのカードローンが原因で不安になる人もいます。カードローンの借入れはサッとできるので便利ですが、借りたお金は返済しなければいけません。もちろん借入れが大きくなるほど、返済額も大きくなります。

 

カードローンの利用時には、計画的に利用をとよく言われます。無計画に借りられるだけ借り続ければ、いずれは返済も追いつかなくなるのは誰にでも想像ができるでしょう。必要な時に必要な分だけを借りるのが、正しいカードローンとの付き合い方です。

 

しかし問題なのが、カードローンの利便性です。ATMで簡単に借入れができます。カードローンには限度額が設定されていて、その範囲内であれば繰返し借入れが可能です。この手軽さと限度額という設定のために、借入れできる金額がまるで自分のお金のように錯覚してしまう人は意外とたくさんいます。カードローンで手にするお金は借入というのが正しいのですが、感覚がマヒしてくると、借入ではなく引出しという言葉を使うようになります。

 

カードローンで借り過ぎないようにするための限度額でもありますが、特に注意したのが複数のカードローンの所持です。カードは無計画に持ち過ぎず、与えられた限度額の範囲内で使うよう心がけるべきです。

 

何社も借りて返済の負担が大きくなってしまった方には、オリックス銀行カードローンを利用するオリックス銀行で借りるおまとめローンがおすすめです。

サイトマップ